TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記

旧ブログ名『ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記』。TTバイクを購入した事により改名した。目標はJBCF渡良瀬のコース3周で20分切りする事!

【空気抵抗調査】『OGK KABUTO AERO-R1』VS.『MET CODATRONCA』


f:id:jbcf6000-r-s:20200501171610j:image

今回はTTヘルメットをかぶるとどれ位抵抗減るのか調査した。

 

使用したのはロードバイク用ヘルメットの『オージーケーカブト エアロR-1』とTT用ヘルメットの『メット コーダトロンカ』だ。

この2つのヘルメットを同じ条件で走行し、どれ位出力に差が出たのか?


今回も動画撮影しているのでそちらもご覧ください↓

https://youtu.be/9fvYOBgzfdg

ではこちらでもこの調査の解説をしていこうと思う。


調査場所はストラバセグメント『空気抵抗調査区間(戸崎公園北上)』。


速度45km/h ギア比52-14 ケイデンス95rpmを目安に走行。


エアロR-1→コーダトロンカの順番で1回づつ交互に走り、各ヘルメット7回計測した。

 

パワーメーターはSHIMANO R9100-P 両側。

 

使用機材はCANYON SPEEDMAX CF SLXでDHバーを握って走行した。


・結果


f:id:jbcf6000-r-s:20200501171736j:image

・ストラバの走行データ↓

19.0 km Ride Activity on April 30, 2020 by 須藤 良. on Strava


コーダトロンカの方がエアロR-1よりも6.5W少ない出力となった。


半年程前にロングテールモデルの『メット ドローン』を持っていた時もエアロR-1と比べての空気抵抗調査をしているが、その時はドローンの方が10W少ない結果となった。


コーダトロンカはショートテールモデルだが、ドローンと同じくベンチレーションホールが少なく、横に広いワイドな形状と造りはほぼ同じなので、今回の調査でもエアロR-1よりも少ない出力になったと言える。ドローンの時の記事はこちら↓

【空気抵抗調査】『OGK KABUTO AERO-R1』VS.『MET DRONE』 - TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記

 


それにしても今回の動画ではろれつが回らなかった(笑)。別に酒飲んで走ってた訳じゃないが、疲れが溜まり過ぎていたと言える。周の前半は雨が降って気温が下がったり、かと思えば20℃超えの天気になったりと寒暖の差が激しかった事も疲労蓄積に影響を与えたと言える。まぁデータはちゃんと取れたので良しとしよう(笑)。


さて、動画の最後にも言っているが次回は『インナーキャップを着けるとどれ位抵抗が減るのか調査してみた』をやろうと思う。