TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記

旧ブログ名『ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記』。TTバイクを購入した事により改名した。目標はJBCF渡良瀬のコース3周で20分切りする事!

4つのロードバイクポジションの空気抵抗調査をしてみた

今から1年半前に『ノーマルバイクでの各ポジションの空気抵抗調査をしてみた』を行った。これが自分が行ってきた数ある空気抵抗調査の中で最初の空気抵抗調査であった。

 


当時は実走でのエアロテスト等やっている機関はほとんどなかった(自分が知らなかっただけかもしれない)ので、調査の方法で迷っていた。主に走行速度が手探り状態だった。

 


今となってはエアロコーチ等の機関もエアロテストを行っていて、エアロテストでの走行速度は45km/hがデフォルトになった。速い速度の方が綺麗なデータがとれるからだ。

 


さて、ノーマルバイクポジションの空気抵抗調査は過去に何度もやってきた。しかし45km/hの速度で調査した事はなかった。それと今と昔とではハンドル幅や『手の握り』等が違ってきている。

 


なので今回45km/hの速度で

 

1.ブラケットポジション
2.ドロップハンドルポジション
3.ブラケットエアロポジション
4.TTポジション

 

この4つのポジションの空気抵抗調査を行った。そして今回は新な試みとして動画も撮影してみた。動画だと手の握りや脇の締め具合、頭の高さ等を容易に伝える事が出来る。ぜひそちらの方もご覧になってほしい↓

https://youtu.be/_HUTN_pXXNc

 

ではこちらのブログ記事でも走行データを元に今回の空気抵抗調査を解説していこうと思う。


調査場所はストラバのセグメント『空気抵抗調査区間(戸崎公園北上)』だ。自作セグメントである。


ブラケットポジション→ドロップハンドルポジション→ブラケットエアロポジション→TTポジションの順番で各ポジション5回の計20回計測した。


もちろんポジション以外の装備・機材・速度は同じ条件で走行。


速度45km/h ギア比52-14 ケイデンス95rpmを目安に走行した。

 

パワーメーターはSHIMANO R9100-P 両側

 

ハンドルはS-WORKS CARBON AEROFLYⅡ 380㎜


・結果

f:id:jbcf6000-r-s:20200425200629j:image

・さいたま市西区の天気(4月24日9時15分調査開始)

f:id:jbcf6000-r-s:20200425200745j:image

 

・ストラバのデータ↓

27.6 km Ride Activity on April 24, 2020 by 須藤良太 @. on Strava

 

結果としてはブラケットエアロポジションが一番抵抗が少なくなった。動画内でも言っているが、自分はブラケットを極端に内側に傾けている。それによりTTポジションと同等の結果になったのだと思われる。


ブラケットを傾けてからは、TTポジションを使わなくなった。単純にTTポジションは疲れるし、変速出来ないし、ブレーキ使えなくて危ないから。


それに今の自分はノーマルバイクはノーマルバイクでしかないと思っている。ノーマルバイクでTTバイクの真似事をやっても勝てない事を自分は誰よりも知っているつもりだ。実際にノーマルバイクでTTバイクに挑んで負け続けてきたから。


実走なので風の影響はあるにしても、各ポジション1回毎に変えて行った事により、データとしては良い感じだったかなと思っている。信憑性は高いと言える。


今回初の動画撮影だったが、まだまだ空気抵抗調査ネタは沢山あり、実際に今日もとある調査を行ってきた。それは近日中に投稿する予定だ。ブログでも記事にしていくが、ぜひ動画の方も観ていただけたらと思う。チャンネル登録の方もしてもらえると嬉しい。

 

それではまた。