ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクに勝つ事を目標に色々な調査・レース活動をしつつ、車中泊を駆使してウーバーイーツで生計を立ててる変人が書いてるブログ

ハルヒルのコースを試走してきた


f:id:jbcf6000-r-s:20200109222249j:image

今日、ハルヒルのコースを走ってみたが、自己ベストから10分以上も遅かった。2017年に走った時が51分程で、今回は1時間3分もかかっていた。パワーも雑魚過ぎる。



f:id:jbcf6000-r-s:20200109222604j:image
まぁヒルクライムは別にどうでも良く、自分にとっては前日にある個人タイムトライアルが本番だ。今日はタイムトライアルのコースを確認する為に上ってきたのだ。


f:id:jbcf6000-r-s:20200109222327j:image
……とはいえ寒すぎて全部走れなかったんだけどね(笑)。さすがに山頂は寒すぎた。所々路面が凍結してたし。ただ一番の要所は確認出来たので良しとしよう。


f:id:jbcf6000-r-s:20200109222343j:image
一番の要所。それは短い上り区間。スタートから1.5km程走った所で現れる。セゾンドはるなの看板が見える辺りから。斜度5%程で距離は300m程。この程度なら惰性を生かし、なるべく速度を殺さずにクリアしたい所。自分なら30km/hは下回らずにクリア出来るはずだ。富士スピードウェイみたいに3回上る訳ではなく、1回だけの上りなので対処するのは容易いと思っている。折り返しの上りも同じく斜度は5%程で距離は300m程で終わる。空力的にダンシングは35km/h以下になってからが良いか。TTは遅く走らず速く走り過ぎないが基本。上りきったらエアロポジションをキープし脚を休める。事前にどれ位の上り区間があるか知っているのといないのとでは精神的ダメージは違ってくる。「まだ終わらないのかよ!」なんて事は無くなる。事前準備は重要である。


f:id:jbcf6000-r-s:20200109223204j:image
路面状況は所々悪い部分があるが、基本的には綺麗で路面抵抗は少ない。サーキットコースと同じ感じ。急なコーナーも無いので、走りに神経質になる必要はない。しかし、当日は15秒間隔でのスタートで、中盤辺りは道幅が狭くなるみたいなので、前走者を上手く追い抜く必要がある。


目標はストラバのセグメントでAve43km/h以上は出したい所。もちろんノーマルバイクで。速く走る知識や技術はあるので、どれだけフィジカルを上げられるかにかかっている。不可能ではないはずだ。天候が良くなる事を祈る。


エントリーは来週の18日(土)13時からだが、タイムトライアルは一瞬にして枠が埋まってしまうみたいなので、13時ジャストにエントリーボタンを押せるように待機しておこう。忘れたら悲惨だなw