ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクに勝つ事を目標に色々な調査・レース活動をしつつ、車中泊を駆使してウーバーイーツで生計を立ててる変人が書いてるブログ

2019年のレース結果と来年へ向けて

 

今年も残り僅かとなった。落車せずに今年1年レース活動出来て、とりあえずほっとしている。結果はともかくとしてね。落車しない事が何より重要だ。さて、来年に向けて今年1年のレース結果を振り返っていこうと思う。


3月
みんなのTTジャパン1st stage クラシック16/49位

第3回 ツール・ド・とちぎ ITT 一般クラス3 2/10位

 

4月
大磯クリテリウム ミディアム 2/34位

加須こいのぼり杯 臨時登録F 6/15位

 

6月

川崎マリンエンデューロ 1h 12位

 

7月

そでがうらサマーサイクルロードフェスタ エリート 20/23位

 

9月

みんなのTTジャパン 3rd stage セミクラシック 3/13位

 

10月

大磯クリテリウム ITT 2/20位

 

11月
大磯クリテリウム ケイリン 2位 エキスパート9/21位

 

以上が今年のレース結果であった。まず感想としては


2位ばっかじゃねぇかあああああ!!!(T0T)


まぁ結果は結果だ。リザルトが全てだ。自分よりも速く走った人がいた。ただそれだけの事だ。

 

2位ばかりの成績だったわけだが、1位と2位とじゃ注目度とか知名度とかに雲泥の差が出てくるよなーと思っていた。実際にそれを肌で感じていた。


いくらタイムトライアルで良い結果を出そうが、参加人数からしてクリテリウムやロードレース、エンデューロやヒルクライムと比べたら注目度は断然低い。知名度はそう上がるものではない。


とは言え大磯クリテリウムに出た時「ブログ見てます!」と言ってくれた方がいたり、とても嬉しかった訳だが、基本的には自分は無名の選手であると思っている。エンデューロやヒルクライム、後はツール・ド・おきなわ等の参加人数の多いレースで結果を出せば知名度は上がるんだろうけどねぇ……。


やはりレースである以上勝ちたいし、優勝したいし、知名度が上がればなーと思っている。


とは言えだ。知名度云々以前に何より1番に考えている事は『速く走りたい』だ。


自分自身の究極の走りが出来た時、最高の結果がそこにある。ブログのタイトルからしてノーマルバイクでTTバイクに勝つ事を目標している訳だが、自分自身ノーマルバイクでTTバイクに勝つ瞬間、すなわち『常識が破壊される瞬間』を見てみたいと思っていて、だからこそ色々な調査を行ったりしているのだ。それが頑張る原動力になっているのだ。ロードバイクに乗り、レース活動をする最もな理由なのだ。誰もやろうとしてないしな(笑)


今の自分はまだ遅い。過去よりも今の自分の方が速く走れるが、まだ遅い。足りない。満足出来てない。だからまだやれる。


とりあえず来年も今までと変わらぬ熱意でノーマルバイクで究極の走りを求め、走っていこうと思う。


どこまで走るのか? それは自分が満足するまでだ。