ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクに勝つ事を目標に色々な調査・レース活動をしつつ、車中泊を駆使してウーバーイーツで生計を立ててる変人が書いてるブログ

2020年の富士チャレンジ200は春開催だってよ

f:id:jbcf6000-r-s:20191227204435j:image

昨日メールで2020年の富士チャレンジ200開催の詳細が送られてきたのだが、どうにも2020年は4月29日に開催されるとの事だ。ホームページはこちら↓
FUNRiDE presents 富士チャレンジ200【公式】


今までは9月に開催されていた。4月末に開催となると9月開催と比べて気温は低くなる事が予想される。


自分はタイムトライアルのセミクラシックと100kmにエントリーしようかなと思っている。タイムトライアルのクラシックの部がこれまでの大会は4.5kmを2周だったが、今回は3周に増えている。セミクラシックは変わらず1周。自分はTTバイクを持ってないので(TTバイク化したサーヴェロS3は売り払った)いつも通りセミクラシックにエントリーします(笑)


前回セミクラシックで3位だった時はAve42.2km/h AP297W NP327Wだった。優勝者がAve44km/h程だったので、Ave44km/hを超える事を目標にしようと思う。ざっと計算するとAve44km/hで走るとなると後30W程どうにかする必要がある。


前回は富士スピードウェイのコースを走るのが初めてだったので、ポジションは無難にドロップハンドルポジションをチョイスした。ブラケットエアロポジションにすれば後10W程空気抵抗を減らせる計算だ。走行動画とデータを振り返ってみたが、ペース配分に関しては『限界速度理論』を身に付けた事もあり過去最高の出来だった。しかし走行ラインには無駄があった。2回目となるので、走行ラインに関しては完全に修正しようと思う。後はフィジカルの強化か。当日の天候にもよるが、自分がAve44km/hで走るのは不可能ではないと思っている。


前回の走行動画↓


2019 みんなのTTジャパン 富士スピードウェイ 前編


100kmについては特に目標はなく、とりあえずちぎれるまで先頭集団で走ろうと思っている。距離が長くなるとやっぱり自分には部が悪い。とにかく落車だけはしないように注意して走ろうと思う。