ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクに勝つ事を目標に色々な調査・レース活動をしつつ、車中泊を駆使してウーバーイーツで生計を立ててる変人が書いてるブログ

【インプレ】やっぱりサイコンはガーミンでしょ! ~エッジ520J購入記~

今まで使っていたサイクルコンピューター『ブライトンエアロ60』なのだが、記録後にトルク効率が見れなかったり、携帯とサイコンがなかなか同期せずデータのアップロードに時間がかかったりとものすごく使いづらくストレスが溜まっていたので、この度ガーミンエッジ520Jを購入した。中古で1万7000円程で購入出来た。


ガーミンのサイコンは4年程前に使っていた事がある。その時は確か500Jだった。


使ってみての感想としては『使いやすい』の一言。タッチパネル式ではなくボタン式なので初期設定は面倒に感じたが、一度画面に表示するデータ項目を決めてしまえば、後は特に面倒な事はない。


f:id:jbcf6000-r-s:20191223201457j:image
画面はシンプルで見易い。ちなみにハンドルはSPECIALIZED S-WORKS AEROFLY IIでステムはSHIMANO PRO VIBEステムだ。サイコンの取り付けにはREC-MOUNTS Type19を使用した↓

 


f:id:jbcf6000-r-s:20191223201554j:image

走行データはガーミンコネクトにアップロードされストラバと同期される(ブライトンエアロ60の時は1時間以上同期しなかったりしたが、ガーミンではすぐに同期出来た)。ブライトンのアプリにはトルク効率等の欄が無かったが、ガーミンにはちゃんとある。両側のパワーメーター付いてるのにトルク効率等を見れなかったのはとてももどかしかったので、これだけでもガーミンのサイコン買って良かったと思える程だ。他にも色々な項目を振り返る事が出来る。


f:id:jbcf6000-r-s:20191223201624j:image


f:id:jbcf6000-r-s:20191223213258j:image

それともうひとつ良かった事がある。GPSの精度が高いからか、ストラバのセグメントに表示される速度の推移がとても滑らかになった(上がブライトンで下がガーミン)。ブライトンエアロ60の時はカクカクしていた。データ収集家である自分にとってはとても嬉しい事である。


これからサイコンを新調しようと思っている人は無難にガーミンを選んでおけば爆死する事はないだろう。不満という不満は出てこないはずだ。ブライトンエアロ60を買おうか迷っている人は、少し考えを改めた方が良いと、先駆者である自分は言う。悔いの残らない買い物を!