ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

タイムトライアルのスタートでミスをしないコツ

タイムトライアルのスタートの時、スタッフにサドルを持ってもらってスタートする場合があるが、慣れていないとよろけて落車してしまう事があったりする。街中での信号スタートの時みたく、サドルを持ってもらわずに普通にスタートした方が速くて安全だったりもする。しかしこの場合だと、スタート後にクリートキャッチをしなければならないので、手こずると大幅にタイムロスしてしまうリスクが付きまとう。


速さを競うタイムトライアルにおいてどちらが良いかと言われれば勿論サドルを持ってもらった方が良い。


自分は今まで色んなタイムトライアルレースに出てきたが、スタートを失敗した事は1度もなかった。

自分がスタートの時に気を付けている事、やっている事をメモがてら以下に書いていく事にする。


1.ギアは軽くしておく


タイムトライアルのスタートは静止状態から始まる。ゼロスタートなのでギアを重くしていると速やかに加速する事が出来ず、タイムロスとなる。それと無理やり重いギアを踏めば脚は急激に消耗する。なのでギアは軽くしておいた方が良い。アウターロー(チェーンのたすき掛け)は機材を痛めるので自分は使わないようにしている。自分はスタートの時はロー側から3枚目を使っている。スタートの時はちゃんとギアが軽くなっているか確かめておこう。


2.両手でブレーキを握り、クランクを下支点にしてからクリートをはめる


自転車とは不安定な乗り物である。ある程度スピードが出て巡行している時はそうそうふらつく事はないが、速度が遅くなるにつれてふらつきやすくなる。静止状態であればその状態を維持するのはとても難しい。


スタッフにサドルを持ってもらうと横方向のブレは無くなる。しかしまだ前後方向へ動いてしまうので、ブレーキレバーを握る事によってホイールの回転を止め、前後方向への動きを無くす。こうすればよほどのバランス感覚が無い限りふらつく事は無いだろう。

前後左右の動きが無くなれば、両方のクリートをはめるのは容易い。

 

順序としては、

まず片足のクリートをはめる
    ↓
スタッフにサドルを持ってもらい、ブレーキをかけてサドルに座る
    ↓
もう片方のクリートをはめる

このようになる。

 

ちなみにクリートをはめるコツとしては『クランクを下支点』にしてからはめる。当たり前だが、クランクを下支点にした状態で真下にトルクをかけてもクランクは回らないので自転車が動きだす事は無い。

クリートがはまったらクランクを平行に近くする。この時踏み出す方の脚を若干上げておくと良いだろう。トルクがかけやすくなる。


3.スタート時のポジションはドロップでもブラケットでも空力的に大差はない

 

空気抵抗は速度の二乗に比例して増えていく。なので速く走る為には空気抵抗を少なくする事が重要となる。速度が上がる程に空気抵抗の少ないポジションで走る事はとても重要になってくる。

ただ、スタート後は速度が上がりきってないので特にポジションを気にする必要は無いと自分は思っている。


ドロップハンドルを握るよりも、ブラケットを握っていた方がスタート前の静止状態は安定する。空気抵抗の少ないポジションによる僅かな空気抵抗削減よりも安定したスタートを選び、気持ちを落ち着けさせた方が良い。距離の短いタイムトライアル程、一つのミスが致命的になる。スタートのミスはその後の走りに悪影響を与える。焦りや力みによって各区間でのペース配分等忘れてしまうだろう。リスクを抑えたベターな選択肢が実はベストの選択肢だったりするものだ。


まとめ


タイムトライアルのスタートは他のレースと違ってとても緊張するものだ。起きたミスはそのままタイムに反映してくる。それゆえに普段より緊張してしまうのは当たり前の事だと言える。


スタートで大成功してもタイムの短縮はほんの僅かだ。だったらいつも通り落ち着いてスタートした方が良い。


事前にレース本番を想定して準備する事。
落ち着いて普段通り走る事。
その思考と行動が良い結果へと繋がっていく。