ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

策士策が外れる

f:id:jbcf6000-r-s:20191024144213j:image

今度の日曜日に行われる大磯クリテリウムのスタートリストが公開された。自分は個人タイムトライアルにエントリーしたのだが、最終走者を狙ってエントリー締め切りギリギリにエントリーをした。しかし結果からして先着順とはならなかった。てかエントリー締め切り日延長していたんかーい!(笑)

 

さて最終走者ではなくなったが、その場合の立ち回りとしては、2周目の平塚コーナーの処理が重要となってくる。


f:id:jbcf6000-r-s:20191024144231j:image

競技規則には時差スタートとだけ書かれており、明確な時間は書かれていなかった。恐らく去年と同じ30秒毎のスタートであると予想する。1周1分15秒程で周回するとなると、平塚コーナーの出口付近で自分の2つ後ろの走者とぶつかる可能性がある。


理想としては平塚コーナーの出口でアウト側から追い抜けるのがベストだが、ただこればっかりは当日にならないと状況がわからない。とりあえず、どのような状況になっても冷静に対処出来るように余力を残して落ち着いて走ろうと思う。


スタートリストにはローリング含む3周回と書かれているが、競技規則には2周回と書かれている。去年と同じなのであれば、恐らく2周回が正しいと思う。


ともあれ『限界速度理論』を編み出した身としてはこの大磯クリテリウムの個人タイムトライアルでちゃんと結果を出しておきたい所である。示しがつかないからね……。限界速度理論の記事はこちらから↓

TTの基本『遅く走らない』のもう1つの意味と『限界速度理論』 - ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記


スタートリストを見た所、自分の知る限りでは森榮さんが優勝候補の大本命と言った所か。Ave43km/h以上の戦いになると予想する。当日の天気は今の予報だと雨の心配も無く大丈夫そうなので、体調を整えて全力で挑むとしよう。