ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

エントリー締め切りギリギリに大磯クリテITTにエントリーした策士

今月27日に行われる大磯クリテリウムのエントリー締め切りが昨日だった。自分は個人タイムトライアルにエントリーした。エントリーしたのが昨日の夜10時過ぎと結構締め切りギリギリのタイミングだったのだが、これは『狙って』やった事である。


大磯クリテリウムの個人タイムトライアルは去年も出ていて、その時は30秒毎のスタートであった。距離は1周約1km(ストラバのセグメントだと880mになっている)のコースを2周する。


1周1km弱となると速い人で1分15秒~20秒程のタイムで周回する事になる。


去年走った時と、ウォークライドの走行動画を観た時に自分はこう思っていた。

「30秒間隔のスタートだと平塚コーナーで他の選手と被る可能性があって場合によってはタイムロスになるんだよな~最終走者だったらそんな事気にせずに走れるのにな~」

と……。


エントリーを締め切りギリギリに行ったのは、最終走者を狙っての事だ。出走順がどのようにして決まるかはわからないが、申し込んだ順番で決まるのであれば、自分が最終走者になる可能性は高い。最終走者の前でも構わない。距離の短いタイムトライアルではほんの僅かなタイムロスが致命的となる。


この策が的中するかはわからないが、タイムを縮められそう事はどんなに小さな事でもやっておく。タイムトライアルとはどれだけ準備してきたかで勝敗がわかれる競技である。

 

賽は投げられた。後はエントリーリストがアップされるのを待つだけだ。