ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

Bryton Aero 60と両側のパワーメーターは相性が悪い

昨日の今日と言う事で2週間ぶりにロードバイクに乗った。パワーメーターも両側にしたので、左右のパワーバランスはどんな感じになっているのだろうかと興味津々だった訳だが、結果としては『あまり良くわからなかった』。どういう事かと言うとBrytonのアプリに問題があった。

f:id:jbcf6000-r-s:20191010201146j:image
上の画像はブライトンのアプリでパワーデータを見ている場面なのだが、左右のパワーバランスの欄は無かった(ちなみにデータは白石峠を途中まで上ったものです。10分程で普通に力尽きたわ……)。走行中に左右のパワーバランスはサイコンに表示させる事は出来るが、数値は常に変化していく。『あまり良くわからなかった』と書いたのはこの為である。平地だと左の方が3%位強く出ていて、上りだと左右の差はほとんど無くなっていた。わけがわからないよ……。


まぁ自分はパワートレーニングを熱心にやる人間じゃないので、左右バランスを走り終わった後データで確認出来なくても別に良いや~と思っている。パワートレーニングを熱心に行おうと考えている方は無難にパイオニアにしておいた方が良いだろうね。


それと操作性についてなんたが、Bryton Aero 60はボタンで操作をするようになっているのだが、タッチパネル式のサイコンに慣れてしまった自分にとってはとても操作し辛く感じた。Bryton Aero 60の前に使っていたXplova X5-Evoはとても使いやすかった。走行動画を録画出来たし、左右のバランス(トルク効率とペダルスムーズネス)を確認出来たし。


とりあえず今日久しぶりに走ってみて心肺機能めちゃくちゃ落ちてたから、これからは真面目に練習していく事にしよう。今月末にある大磯クリテリウムのITTに出ようかな……。