ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

CANYON AEROADのサドルクランプのナットがぶっ壊れた件

f:id:jbcf6000-r-s:20190927091915j:image

CANYON AEROADのサドルポジションを変えようとしたらサドルクランプのナットがぶっ壊れてしまった。外でトルクレンチを使わずに調整していたから閉めすぎてしまったのだと思う。それとまだ購入して1年経っていないが、劣化していたのだろう。ナットの爪の部分と根元がパキッと逝ってしまった。


f:id:jbcf6000-r-s:20190927091928j:image
CANYONのバイクはショップで購入する事が出来ず、それゆえにパーツも公式サイトからの通販で購入しなければならない。


公式サイトにサドルクランプの項目が無かったのでメールにて問い合わせした所、通常のパーツ販売とは異なる発送方法との事で、発送までに数週間かかるとの事だ。値段はやぐらのインナーとアウター合わせて4400円+送料2100円だ。高い……。


CANYONのバイクは安価で性能が良いが、このように何かあった場合はパーツの発注~修復迄に時間がかかってしまうのがネックだ。他のメーカーのバイクならショップに持ち込めば場合によってはすぐに修復出来る事もあるだろうし。


f:id:jbcf6000-r-s:20190927091953j:image
とりあえず部品が到着する迄気長に待とう。それとついでにオーバーホールする事にした。


f:id:jbcf6000-r-s:20190927092010j:image

ちなみにCANYON AEROADのシートチューブのタイヤクリアランスはかなりかつかつであり、使っているタイヤによっては上の画像のように傷が付いてしまったりする。フレームが逝ってしまうような大きな傷ではないので、自分はまぁ別に良いや~と割りきっている。


元々付いていたリアタイヤはコンチネンタルフォースⅢ25Cでその時からフレームが擦れるような『カリカリ音』がしていた。今はコンチネンタルGP5000の28Cを付けているが、フォースⅢとほぼ同じ大きさである。GP5000は他のタイヤと比べて一回り小さい。これからCANYON AEROADを購入しようと考えている人はタイヤクリアランスには注意しよう。今でこそ自分はまぁ別に良いや~と割りきっているが、発見した時はめちゃくちゃショックだった( ノД`)…


f:id:jbcf6000-r-s:20190927092027j:image

それとついでのついでに両側のパワーメーター買っちまったぜ……!