ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

ウーバーイーツ週報8/26~9/2

f:id:jbcf6000-r-s:20190902111516j:image

1週間で7万円を目標に活動したが、やはり7万円の壁は大きかった。相変わらず鳴らない。月~水曜日に40回配達すると+4000円と金~日曜日に40回配達すると+5200円になる日跨ぎクエストをクリアしてなければ悲惨な金額になっていたな……。


色々と調べてみたが、やはり注文の割り振りには優先度があるようだ。大宮駅前で待機して11~14時で1件しか注文が来なかった日があった。その日は自分以外で5人もの配達員をみかけた。そりゃ鳴らないわけだ。実績の無い新米配達員は実績のあるベテラン配達員が取りこぼした注文を拾っていくしか無いのである。もちろん新米配達員が多ければ多い程、自分に注文が回って来にくいと言える。


自分は考えを改めて、ピークの時間帯からあえてずらして活動したり、ブースト対象外のエリアで活動したりした。その結果面白い程に注文が来るようになった。14~16時に1時間3件ペースで活動出来た事もあった。他の配達員、特に優先度の高い配達員が休憩してオフラインにしているからだろう。朝から活動している人はスマホの充電もしなければならないだろうし。しかしピーク外の時間は当然ブーストがかかっていないので単価は低くくなる。ゴールドパートナーにでもなればこんな不遇な状況から抜け出せると思うので、それまでは金額に拘らず配達数を稼ぎ、評価を上げ、配達員としてのレベルを上げていこうと思う。

f:id:jbcf6000-r-s:20190902111411j:image

f:id:jbcf6000-r-s:20190902111420j:image
さて今週もバッド評価が1つついてしまった(100回目以降の評価は上書きされていく)。内容は配達の遅延との事。原因は雨の日に稼働した時、配達中に次の注文が鳴った。視界が悪く、ピックアップ先まで何分かかる案件なのか確認出来ずに受けてしまった。現在受けている配達がマンションの入口が分かりにくく多少時間がかかってしまった。配達終了後、ピックアップ先を確認したらかなり離れていた。しかも普段活動してない慣れない土地。恐らく7分とかの案件だったのかもしれない。急いでピックアップしたは良いが、住所が書かれていなかった。案の定ドライバーアプリにはピンは出ない。建物名は書いてあったので、お客様に住所確認の連絡をせずYahoo!マップで調べて向かう事にした。建物に到着後、その建物は違うと電話がかかってきた。同じ名称の別の建物か……。その後何とか配達は出来たが(恐らくこの案件で)バッド評価がついてしまったと。


雨の日は晴れの日と比べて心身の消耗が激しい。それでいて視界も悪く、判断力も鈍っていく。


慣れない土地、視界不良、積み重なった負の連鎖からくる焦り……それらがバッド評価に繋がってしまったと言える。


ちゃんとピックアップ先までの時間を確認せずに注文を受けたり、お客様に住所を確認せずに予想で調べて建物に向かったりと、ちゃんと確認せずに行動した事が裏目に出た。上手くいけばこれまでのロスを取り戻せるがあまりにもリスキーであった。

 

結果的に自分の判断の甘さゆえに配達の遅延でバッド評価を付けられてしまったが、後日の配達では自分の配達の速さにとても驚いてくれてたお客様もいた。喜んでもらえて何よりだ。


バッド評価を付けられ、注文の割り振りに優先度がある事を理解してからは1件1件の配達を最速で、全力で行うようになった。今まで以上にそれらの思いは強くなった。


この仕事で稼げるようになるには優先度の高い配達員になるしかない。その為の分かりやすい目標としてゴールドパートナー制度がある。


ゴールドパートナーは3ヶ月間の配達実績によって決まる。今だと7~9月の配達実績か。条件は3ヶ月間の配達数が500回以上。高評価が98%以上。この二つが重要になってくる(他にも条件はあるが普通にやっていれば問題無い内容)。


今現在配達数が306回なので、今月は200回以上の配達と高評価が98%を下回らないように頑張っていこうと思う。