ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく ウーバーイーツやってるのでその事も書いていく

公園のベンチでウーバーイーツを使ってみた

自分はウーバーイーツの配達員として配達を行っているが、まだお客様として注文をした事は無かった。


商品の注文から到着まで、お客様目線だとアプリにどのように表示されているのか気になっていたので、実際に配達の休憩中に『公園のベンチで』商品を注文してみたので以下にその流れを記していく。

 

f:id:jbcf6000-r-s:20190830084622j:image
ウーバーイーツで注文する為には先ずアプリをインストールしなければならない。アプリをインストール後、配達先の住所を記入するとメニュー画面が開かれるが、配達の対象範囲外だと上に記したの画像が現れる。緑で覆われた範囲であれば注文可能だ。

 

f:id:jbcf6000-r-s:20190830084641j:image

↑メニュー画面はこのようになっている。配達先を変更したい場合は、すみやかにお届けの右の欄をタップする。支払い方法は右下のアカウントから設定する。

 

f:id:jbcf6000-r-s:20190830084834j:image
↑配達先記入画面はこのようになっている。住所は建物名や部屋番号までちゃんと記入する。でないと配達員が到着出来ないからだ。配達員である自分から言わせるとこれは本当に困る案件である。住所はちゃんと記入して、それとGoogleマップでちゃんと表示されるかを確かめてから記入するべきだ。もう一度言うが、配達員からすると住所未記入は本当に困る案件なのである!


今回自分は『針ヶ谷4丁目公園』を配達先に設定した。別に自宅でなくとも公園や病院、会社の事務所等にも配達は可能である。メモ欄には『公園のベンチに座っています』と記入しておいた。住所はGoogleマップで確認できたし、配達員からすれば公園で休憩している人なんだなと理解するはずだ。

 

f:id:jbcf6000-r-s:20190830084920j:image
↑カート精算画面はこのよう感じだ。ちなみに自分は今までバーガーキングで飲食した事は無かった(笑)。


f:id:jbcf6000-r-s:20190830084951j:image
↑注文を決定すると上の画面になる。


f:id:jbcf6000-r-s:20190830085024j:image
↑確認が取れると注文を準備している画面が現れる。
f:id:jbcf6000-r-s:20190910084308j:image
↑配達員が確保されるとこのような画面になる。配達員が今どこにいるのかリアルタイムで表示される。配達員が自転車なのかバイクなのかは地図上のアイコンと地図の下に配達員の顔写真と共に表示される。


f:id:jbcf6000-r-s:20190910084325j:image
↑ピックアップ後は配達先が黒いピンで表示される。青いピンは自分のスマホがGPS起動していたから表示されていた。


f:id:jbcf6000-r-s:20190830085136j:image
↑配達員から商品を受け取り注文が完了すると、後程メールで領収書が届く。注文してから商品到着まで15分もかからなかった。


f:id:jbcf6000-r-s:20190830085155j:image
↑まだ暖かいダブルワッパーチーズセット。デカイ(笑)。


f:id:jbcf6000-r-s:20190830085207j:image
↑ドリンクはふたが二重になっていたので全く漏れていなかった。


以上が注文から商品到着までの流れだ。注文の際に特に難しい操作もなく簡単に手軽に頼める。住所も分かりやすく、注文したのも14時以降とピークの時間帯からずれていたので、特別遅くなるような事は無かった。そもそも住所がGoogleマップで確認出来ているのであれば特別遅くなるような事は無いと言える。


何度も言うが注文の際に重要なのは住所である。例えマンション・アパート名を書いたとしても同名のマンション・アパートがすぐ近くにあったりもする。配達先の住所はGoogleマップでちゃんと確認出来てから記入する。もし確認出来なかったらメモ欄に配達先建物の特徴や目印となる建物を記入する。これで間違いは起きない。ほんとマジでお願いします……(嘆願)。最近配達員用のアプリでピンが表示されない事が度々起きているのでほんとマジでお願いします……(二度目)。


ちなみにウーバーイーツに登録して初回の注文が1000円割引になる招待コードはこちら↓

eats-ducg6v』 3ヶ月後まで有効

紹介した自分への見返りは、次の注文が1500円割引になるとの事だ。適用されたら配達の休憩中にお洒落な店のハンバーガーでも頼もうかな(笑)。