ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく ウーバーイーツやってるのでその事も書いていく

スプリントインターバルを1ヶ月続けたらどうなるか試してみる

梅雨明けしてから猛暑日が続いている。 


さいたま市の最高気温は35℃を超えるのが当たり前であり、最低気温は25℃を下回らない。


あまりの暑さに自分はここ1週間体調を崩していた。汗をかきすぎて脚が痙攣したり、頭痛に悩まされたりと最悪な状態になっていた。もちろん練習は出来ていない。そもそもこんな暑い夏に長い時間・距離乗ると死んでしまうかもしれない……。自分的には気温30℃が外で練習するかしないかの境界線だと思っている。


今日になって暑さに慣れてきたのか、体調が回復したので短時間で効果の見込める『スプリントインターバル』をやってみた。


スプリントインターバルの詳細は以下の通りだ。

スプリント・インターバル(30-240インターバル)
■目的・効果
筋肉の酸化能の向上(筋細胞内に存在するきわめて重要な有酸素酵素である、クエン酸合成酵素や3-ヒドロキシアシルCoA脱水素酵素の活性上昇)
最大下運動における持久性能力(80%VO2maxにおける持続時間)の向上(運動中に活動筋に流れる血流増加、筋小胞体の機能向上)
最大酸素摂取量(VO2max)の向上
最大走行速度の向上
筋グリコーゲン濃度の上昇
■行い方
30秒間全力スプリント、4分間レスト、を合計4~7本行う。
週3回(月・水・金)程度を目安に取り組む。

じてトレより引用。サイトはこちらから↓
インターバル・タイマー:スプリント・インターバル(SIT・30-240インターバル)−じてトレ


去年の夏もスプリントインターバルをやっていた。元々は『タバタ』をやっていたのだが、つまらなくなってきたのでスプリントインターバルに変更したのがきっかけだ。家の近くにAve30km/h程で走ると約4分30秒かかる周回コースがあるのでそこで行っている。その周回コースには30秒弱で終わるストラバのセグメントがあり、後でどれ位の出力が出ていたのか確認出来る。


今日は4本行った。結果は以下の通り。


1本目…26秒 611W

2本目…27秒 651W

3本目…27秒 652W

4本目…26秒 655W

 

去年調子が良かった時は800W以上出ていたので、フィジカルは落ちてしまっているようだ。


ちなみにこのスプリントインターバルはものすごくキツイ練習だ。走り終わった後、酸素が足りなくなって呼吸したいのと気持ち悪くなって吐きたい衝動が交差して死ぬ程苦しい思いをする事になる。素で涙が出てくる程だ(笑)。タバタも走り終わった後こんな感じになるんだけどね(^^;


ただ、その分効果は期待出来ると言える。実際去年の秋の下総クリテリウムの個人タイムトライアルに出た時、夏場そんなに走って無かったにも関わらず、結果は5位とそれなりに良い走りが出来ていた。


去年の夏はスプリントインターバルを週0~2回程しか出来ていなかったので、今年の夏は頑張って週3日を1ヶ月続けようと思う。9月7日には富士スピードウェイでみんなのTTジャパン3rd stageがあるので、そこで1ヶ月続けた成果を確かめようと思う。

 

f:id:jbcf6000-r-s:20190804130308j:image

↑ちなみに『ファイチ』を飲み始めてから体調が良くなった気がしている。夏バテで困っている人は試してみると良いだろう。

【第2類医薬品】ファイチ 120錠

【第2類医薬品】ファイチ 120錠