ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく

ノーマルバイクに段ボール貼り付けたらどれ位速くなるのか調査してみた

色んなメーカーのTTバイクを見て自分はふと思った。

「ノーマルバイクに段ボール貼り付けたらTTバイク並みの空力が得られるんじゃね?」と……。


そこで自分はーー

 

 

 

 

 

 

 


f:id:jbcf6000-r-s:20190725192027j:image

↑実際に段ボールを貼り付け、一昨日のリベンジを兼ねてJBCF渡良瀬TTのコースを全力で走ってきた。以下に詳細を記していく。神聖なる段ボールの力……しかとその目で確かめよ!全速前進DA☆


あっ、一昨日の記事読んでない人はこちらからどうぞ~↓

ノーマルバイクでJBCF渡良瀬TTのコースを走ってみた - ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

 

ノーマルバイクに段ボールを貼り付けて走るアイデアは1ヵ月程前に出てものだ。CANYON AEROADに貼り付ける段ボールは作成してあったが、梅雨時だった事もあり実行に移すのが今日となってしまった。f:id:jbcf6000-r-s:20190725193051j:image

↑渡良瀬遊水地に到着したらバックからウエスを取り出しフレームを綺麗に拭いていく。ボトルケージは外しておく。f:id:jbcf6000-r-s:20190725193036j:image

↑貼り付けは日東5000番とガムテープで行う。

f:id:jbcf6000-r-s:20190725193015j:image
↑段ボールに日東5000番を貼り付けていく。f:id:jbcf6000-r-s:20190725192956j:image
↑フレームの3角形を全て埋める程大きい段ボールが無かったので中途半端になっている。流石の小学生クオリティ。日東5000番の粘着力が強かったのでガムテープはほとんど使わずに済んだ。

f:id:jbcf6000-r-s:20190725192934j:image

↑スペシャライズドのトライアスロン専用S-WORKS SHIV DISCを見てシートポスト裏にも段ボールを貼り付けようと思った。ちなみにラブライブ!のステッカーはCANYON AEROADを購入する際、MasterCardを作った時に手に入れた物だ。これで俺も痛車デビューだぜ!ブヒイイイイイイイイ!!!

f:id:jbcf6000-r-s:20190725192909j:image

↑後ろから見るとこのようになっている。日東5000番大活躍である。

日東 再剥離可能強力両面テープNO5000NS 20mm×20m 5000NS20

日東 再剥離可能強力両面テープNO5000NS 20mm×20m 5000NS20

 

 

貼り付けが終わったら試走を1周だけして直ぐに全力走を行った。試走をした感じでは空気抵抗の違いを感じられなかった。風に煽られる事も無かった。風速がそれ程強く無かったからだろう。

f:id:jbcf6000-r-s:20190725192843j:image

風向き的に一昨日と同じく前半と後半が追い風で、中盤が向かい風となる(スタートしたのが10時53分)。一昨日走った時は前半飛ばし過ぎて中盤中弛みしてしまったので、前半は45km/h以上の速度は出さずに走ろうと作戦を立てた。余力があったら中盤以降ペースを上げていく感じで行く。当たり前だが、段ボール以外で一昨日と機材・装備・ポジションは同じである(走行動画撮ったけどバグってアップロード出来なかったorz……が、その後なんとかアップロードする事に成功した! BGMが格好良くなってますw)。さて結果は……。


一昨日
7分31秒 Ave42.9km/h AP282W


今日
7分21秒 Ave43.8km/h AP297W

 

ストラバのデータはこちら↓
5.4 km Ride Activity on July 25, 2019 by 良太 須. on Strava

走行動画はこちら↓ 音量注意

ノーマルバイクに段ボール貼り付けてJBCF渡良瀬TTのコースを全力で走ってみた 前編 - YouTube

ノーマルバイクに段ボール貼り付けてJBCF渡良瀬TTのコースを全力で走ってみた 後編 - YouTube

 

PRは無事に更新出来、一昨日のリベンジは果たされた。しかし段ボールを貼り付けた効果が有ったのかは微妙な所である。単純に一昨日よりもパワーが出ていたから速かったってだけだと思うがな……(^_^;)


もしかしたら空気抵抗の悪いフレームなら、段ボールを貼り付けた効果を得られるかもしれないと思った。CANYON AEROADは空気抵抗の少ないフレーム故に効果は薄かった(無かった)のではないかと思う。クロモリフレームなら『こうかはばつぐんだ!』になるかもしれない(ポケモン風)。

 

それにしても段ボール貼り付けた効果はアレだったが、ペーシングの効果は絶大だったと言える。たかが2日でAPが15Wも上がった事は驚いた。後半はさすがにへばっだが、終始良い走りが出来たと思う。タイムトライアルは前半のペース配分で勝敗が決まってしまうと言っても過言ではない。


とりあえずCANYON AEROADに段ボールを貼り付けても速くはならなかった事がわかった。知識欲は満たされた。そもそも公式レースだと段ボール貼り付けたらアウトになるけどね(笑)。


また何かノーマルバイクでTTバイクに勝てるようなアイデアが浮かんだら試してみる事にしよう。