ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

ノーマルバイクでTTバイクを超える事が目標 ノーマルバイクでの究極の走りを求めて試行錯誤をした結果を書いていく ウーバーイーツやってるのでその事も書いていく

2019 川崎マリンエンデューロ 1h 12位

f:id:jbcf6000-r-s:20190617122245j:plain
去年は2時間の部に出たが、先頭集団に居たもののラスト半周で脚つって撃沈したので今回は1時間の部にエントリーした。しかし見事に撃沈してしまった。どうやら自分の脚は1時間も持たなくなってしまったようだ……(T0T) ちなみにFTP250Wマンの正体は自分でした~(笑)


レース当日の夜中は雨が降っていたが、早朝には止んで日が射した。南西の風が6~7mととても強く、往路は集団でも30km/h前後、復路は50km/h以上出るレースとなった。路面には所々に水溜まりが残っていたが、気になるレベルでは無かった。

f:id:jbcf6000-r-s:20190617121525j:plain
受付を済まし、試走を1周だけで切り上げ早めにスタート地点に並んだ。試走に行く前にレッドブルとエキストラオキシアップとハルンケアを摂取した。頭のイカれた(笑)組み合わせだが、ハルンケアを飲む事によりカフェイン摂取による利尿作用が緩和されて、レース中尿意を催す事なく走れるようになるのだ。


去年の川崎マリンエンデューロ2時間の部に出た時はスタート直後から尿意に襲われ、漏らしてしまう不安と戦いながら走っていた(無事に漏らさず2時間走りきれましたw)。それ以降レースに出る度にハルンケアを服用してきた。今回も尿意に襲われる事なく走りきる事が出来た。レース中の小便問題に困っている人はぜひ1度試してみると良い。膀胱の暴走を抑える至高のアイテムである↓

【指定第2類医薬品】ハルンケア顆粒 10包

【指定第2類医薬品】ハルンケア顆粒 10包

レースは1時間の部だけでなくデビューライドの選手も走る為、落車リスクを減らす為に早めにスタート地点に並び、先頭を確保した。いつもの左岸練のメンバーであるDさんとヤマさんが参加していた。強敵である。


風が強すぎた為、折り返しのヘアピンカーブを過ぎた辺りでリアルスタートとなった。


リアルスタート後、Dさんが強烈に先頭を引いていく。自分とヤマさんがそれに続くいつもの左岸練パターンになったが、Dさんの引きが強すぎて1周経たずに自分は既に中切れを起こしていた。マジで辛過ぎる……。


1周目復路の直角カーブで速度が出過ぎてオーバーランしてしまいヒヤリとしたが、落車騒動にはならなかった。雨の日に走っていたら死んでたな……。


2周目3周目とDさんが牽引してのハイペースは続く。4周目になった辺りからDさん含む3名が5秒程先行し、それを集団が追う展開となった。


追走集団をヤマさんと一緒に回すもなかなか集団のペースが合わず、微妙にインターバルがかかって脚はみるみる削られていった。自分自身強風の影響もあって一定ペースで先頭を引けて無かった。早く先頭の三人に追い付きたい焦りもあった。向風での5秒差は距離以上に遠く感じた。


8周目に入った所で完全に追走集団からちぎれて一人旅となった。いつもの左岸練と同じようなパターンでレースは幕を閉じた。


1時間のレースなら何とかなるかな~と思ってエントリーしたが、終わってみれば結果は惨敗。ただ、この結果で吹っ切れる事が出来た。自分は今後30分以上かかるレースには出ない事にする。


人それぞれ向き不向きがあり、好き嫌いもある。自分は長い時間走るレースは苦手であり、何より嫌いだ。だらけてしまう。30分以内で終わるレースの方が集中して走れる。自分が得意とする所で努力した方が良い結果は出やすいし、精神衛生上よろしいと思う。


次エントリーしているレースは来月にあるそでがうらサマーサイクルロードフェスタのエリートクラスだ。毎年エリートクラスにエントリーしていて何とか完走出来ているが、今年は去年よりも周回数が2周増えてスプリント周回もあるので厳しいレースになりそうだ。30分以上かかるレースだけど、サーキットコースは得意だから多分何とかなるはず……。ダメだったら来年出ないと思って背水の陣で挑もう。