TTバイクで打倒プロ選手挑戦日記

旧ブログ名『ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記』。TTバイクを購入した事により改名した。目標はJBCF渡良瀬のコース3周で20分切りする事!

TTバイクのポジション出しは面倒臭い


f:id:jbcf6000-r-s:20200402200305j:image
クランクはノーマルバイクと兼用するとして大体TTバイクのポジション出しは終わった。


自分は実業団登録してないが、実業団レース等に出る場合はUCIのルールを遵守してちゃんとポジション出しをやっておかなければならない。


1.サドル先端はBBセンターから5cm後退していなければならない(身体的特徴により0cmでも良い場合がある)


2.DHバーの先端(長さ)はBBセンターから75cm以内にしなければならない


3.DHバーの先端(高さ)はアームレストの水平面から±10cm以内にしなければならない


以上がUCIの規定になる。


サドルポジションもDHバーの長さも問題無く調整出来たが、高さに問題があった。と言っても規定の±10cm以内に収まっている。しかしSLXの構造上の問題が出てきた。速く走れない致命的欠陥である。それは……


DHバーの角度が変えられねぇええええええ!!!

 

CANYON SPEEDMAX CF SLXのハンドル周りは専用設計である。即ち市販のスペーサーは一切適合しない事となる。ゆえに角度が変えられない。公式ストアにも角度が付けられるスペーサーが無かった。要するに糞なんですよ! 届いて初めて知ったわ! この買い急ぎ野郎! 最近のDHバーのトレンドは『手を肘よりも高くする』だ。以前、DHバーを付けたサーヴェロS3を持っていた時、空気抵抗調査したが、『手を肘よりも高くする』と他の手の位置と比べて少ない出力で走る事が出来た。記事はこちら↓

【空気抵抗調査】最速となるDHバーの間隔・角度を調査してみた - ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記

 

なのでDHバーの角度が変えられないとなると、単純に速く走れなくなる。実際に調査をして、速く走る方法を知っているのに、それが出来ないとなると……フラストレーションンンンンンンンンン!!!! はぁ……。


まぁあれだ。ライズがキツイDHバーが見つかったので、それを購入して付けようと思います。それでこの問題は解決出来るでしょう。チッ……無駄に金かかっちまったぜ……畜生!

 

 

TTバイクが到着したのでクリスタルグロウでガラスコーティングしてみた


f:id:jbcf6000-r-s:20200401195905j:image

つい先日TTバイクが到着したので、クリスタルグロウでガラスコーティングしてみた。どんな感じになったのか書いていく。

 

まずはクランク等を外してフレームを綺麗にしていく。


f:id:jbcf6000-r-s:20200401200041j:image

バケツに入れた水の中にボディクリンを入れて泡立てる。本当なら洗浄は風呂場か外でやった方が良いのだが面倒だったので畳の上に段ボール置いて作業した(←正気か!?)


f:id:jbcf6000-r-s:20200401200111j:image
↑このようにスポンジでフレームを洗っていきます。その後は本来なら水かけて泡を洗い流すのだが、畳の上だとそんな事出来ないのでウエスで拭き取っていく。泡の拭き取りが終わったらワックスオフで油分を完全に取り除いていく。


f:id:jbcf6000-r-s:20200401200151j:image
↑油分を取り除いたら、付属のコーティングクロスを使ってフレームにクリスタルグロウを塗っていく。厚塗りするとムラになりやすいので、薄く均一に塗っていく。塗り終わったら30分程度待って付属のベーシッククロスで拭き上げて終了。12時間程度放置して完成だ。


f:id:jbcf6000-r-s:20200401200215j:image

↑コーティング前


f:id:jbcf6000-r-s:20200401200224j:image
↑コーティング後


若干きらめくようになったって感じか? 当たり前だけどマットフレームだとテカテカのピカピカにはならないね(笑) でもマットの質感に深みが出て高級感は増した感じはある。


f:id:jbcf6000-r-s:20200401200259j:image
↑水をたらしてみたが、撥水性はあるっぽい。


持続性についてだが、3年持つとの事。コーティングも簡単だったし、それでフレームに傷が付き難くなって色合い的に高級感も増す。新車を購入した人はやっておいて損はないと思う。ちなみに容量的には後半分程残っているのでもう1台コーティング出来そうです。

 

 

2019-2020 大磯クリテリウム第6戦 エキスパート23位


f:id:jbcf6000-r-s:20200326085313j:image

 

『ケイリンの悪夢再来』

 

今回の大磯クリテリウムエキスパートクラスの走りを一言で表すならまさにそれだ。

 

では今回の走りを振り返っていく。


レース当日は気温が20℃程と高く、風が強かった。バックストレートで向風となる。


エキスパートクラスは46名と(恐らく)過去最高人数となった。こんなに人数多いと集団後方に居たら地獄になるだろうと思っていたが、召集の時既に大勢の人が集まっていて、自分は集団後方からのスタートとなった。


スタートしてからは、どうにかポジションを上げようと機会を伺っていたが中々良いタイミングは訪れず、集団後方で耐える展開となった。とは言えこの強風だと中切れは起きなかったので、それだけは救いだった。ホームストレートで集団は縦長になるがバックストレートでまとまる感じ。実際にDNFになった人は少なくほとんどの人が完走していた。しかしキツイ事には変わらない。


5周目のバックストレートで集団が落ち着いてきたので、脚使って集団中程までポジションを上げた。その後はいつも通りに走って先頭付近で留まる。

 

途中一人逃げが決まっていたが、合流せずに見送った。この強風だと残り10周以上を逃げ切るのは不可能だと読む。


それにしても風が強すぎて先頭付近に居ても辛い。強風でのレースはあまり経験がなく、中切れが起きないのであれば集団後方にいた方が良いのかなと思った。とは言え、途中小田原コーナーで落車があり自分はメイン集団の先頭にいたので巻き込まれずに助かったのだが。


残り5周(?)になった所で逃げは吸収され、その直後1名が飛び出す。自分は見送った。単独で5周逃げるのは不可能だと読む。5周でも無理だと。そもそもエキスパートクラスは毎回Ave40~41km/h程の速さなので、逃げ切るのであればそれ以上の速度で走り切らなければならない。自分が大磯クリテリウムのITTで出した速度はAve43km/h弱だ。この速度なら残り2周位なら行けそうな感じか? 実際に自分は残り2周を切ったら逃げようと思っていた。牽制しあって最後スプリントするってレースはつまらないと思っていたから。


ほどなくして逃げは吸収され、その後もアタックと吸収が繰り返され残り1.5周となったバックストレートで自分は飛び出した。小田原コーナーの立ち上がりで後方を確認したが、誰もついて来てなく1~2秒程の差が生まれていた。これは行けると思った。しかし残り1周になった所で「2名が飛び出している」とのアナウンスがあって動揺した。え……嘘だろ? と。後ろを振り向いた。


見覚えのある緑のジャージ。思い起こされる大磯クリテリウム第2戦ケイリンの走り。小島君がすぐ後ろにいた。


(マジかよおおおおおおおおお!!)


ぶっちゃけ声に出てた…と思う(笑)。


後で動画で確認したが、自分がアタックした時、小島君だけがすかさず反応していた。そして小田原コーナーの立ち上がりで後ろを見た時、小島君は自分の右斜め後ろ、すなわち死角にいた事になる。


小島君の存在に気が付いてからは、どんどん速度は落ちていった。頭の中は敗北一色となっていた。もうこの逃げは破綻していると。心は折れた。


最後の小田原コーナーで集団に捕まり、スプリントせず終わった。


走り終わった後小島君と話したが、やはりケイリンの時の事は頭にあったようで、自分がアタックした時何が何でも着いていこうと判断したとの事。結果的にここが勝敗を分ける分岐点になったって事か。もし自分のアタックに小島君が反応していなかったら、自分は心折れずに最後まで走りきれて優勝していた……かもしれない。まぁあれだ、ケイリンの時も今回のエキスパートクラスも小島君は勝つべくして勝ったって事だ。今年で高校2年生って言ってたがマジで凄いぜ。


今回のエキスパートクラスは結果が振るわなかったが、前回出た第2戦の時よりは良い走りが出来たと思っている。


スタートが集団後方であっても前に上がる事が出来たし、最後は逃げに出る事も出来た。集団の流れに身を任せるのではなく自分で動けたのは大きい。攻めて負けたのならそれは良し。


今シーズンの大磯クリテリウムはこれで終了だが、来シーズンの大磯クリテリウムや他のレースで今回の走りを生かしていこうと思う。

やっぱりタイムトライアルって難しい


f:id:jbcf6000-r-s:20200320093206j:image

昨日、今の自分の力を測る為、そして新たなエアロ装備の感触を確かめる為、ストラバのセグメント『彩湖BS~土手上周回』を全力で走って来た。結果は6分53秒 Ave41.9km/h AP314Wだった。

 

距離4.8kmのアップダウンのあるコースなので、距離4.5kmの富士チャレンジのコースと比較出来る。大体同じコースだから。去年の9月にあったみんなのTTジャパンの時は6分16秒 Ave42.2km/h AP297Wだった。なのでパワーだけを見れば今の自分は過去の自分よりも強くなっている。あの時も調子は良かったが今はそれ以上だと言える。真面目にローラーやって来た成果だな。だからこそツール・ド・とちぎが中止になったのはものすごく残念なんだけどね……。


f:id:jbcf6000-r-s:20200320093316j:image
パワーは向上していたが、ペース配分がダメダメだった。スタート直後にぶっ飛ばして中弛みしてしまった。愚の骨頂。スタート直後は向風だと思っていたが、そんな事は無くみるみる速度は上がっていった。その時自分は「このまま行っちゃえ!」と思ってしまった。限界速度理論を編み出した者にあるまじき失態だ。久々のTTで練習とは言え緊張しまくっていて感情の制御が出来なかった。ただ、おもいっきりバテた訳では無く、粘った走りが出来たのは今までの自分には無かった感触だ。やはりローラー練の成果なのだろう。冷静に限界速度理論を駆使して走れていればさらに良い結果が出てたはずだ。




f:id:jbcf6000-r-s:20200320093516j:image
ポジションはブラケットエアロポジションで走行。TTポジションはやらなくなった。今の自分はノーマルバイクはノーマルバイクでしかないと思っていて、TTバイクの真似事はしなくなった。割りきった考えだ。ただ、ブラケットエアロポジションでも脇は締めて極力空気抵抗は減らしている。当然ブラケットは内側に傾けている。


f:id:jbcf6000-r-s:20200320093544j:image
空気抵抗削減の切り札、ノピンズ/エアロコーチ フロースーツとフローカバーを着用した。フロースーツは前作のトリップスーツと比べて45km/hの速度で7.4W空気抵抗削減が出来ているとの事。4万円超えとめちゃくちゃ高かったが効果は抜群だろう。その内他のワンピースと比べての空気抵抗調査をしようと思う。フローカバーも同じ材質なので空気抵抗削減効果はあるはずだ。



f:id:jbcf6000-r-s:20200320093656j:image

ヘルメットはメットのコーダトロンカだ。以前メットのドローンを持っていたが海外通販で買った為、JCFシールが付属していなかった。なので売り払って新たにコーダトロンカを購入した。これにはちゃんとJCFシールが付いてある。ツール・ド・とちぎITTで使う予定だったが、中止になってしまったので、ツール・ド・かつらおまで持ち越しだ。これもまた空気抵抗調査をしようと思う。ショートテールのヘルメットだが左右に広い形状からしてドローンと同等の空力だと思う。


動画に関しては画質を上げて撮影し、デフォルトのBGMを付けてみた。なんか動画としての完成度が一気に上がった感じだ。おんがくのちからってすげー!↓

https://youtu.be/ryaiY_v7ZUo 

 

久々の短距離のTTでペース配分はダメダメだったが、フィジカルの向上は確認出来た。エアロ装備も良い感じだった。動画も良い感じに編集出来たので、満足出来る練習だった。


今度の日曜日は大磯クリテリウムがあるが良い走りが出来ると思う。それにしてもエキスパートクラスが47名って絶対カオスになるな……それ以上にエリートクラスが55名って多すぎぃ!

【インプレ】ソニーアクションカムHDR-AS300で白石峠の走行動画を撮ってみた  

f:id:jbcf6000-r-s:20200318134502j:image

ソニーアクションカムHDR-AS300を買ったので、試し撮りとして昨日白石峠を走ってきた。動画はこちら↓

https://youtu.be/HQRCzIindQQ 

 


撮った感想としては、風の音がすげーなと(;^ω^) マイク部分をスポンジと1㎜程のプラスチック板で隠してみたが、全く効果が無かった。これに関しては後日フェイクファー(?)なる生地を買ってウインドジャマーを自作しようと思う。

 


画質についてだが、720 30p STDで撮った。30分以上撮る場合は画質を下げないとバッテリーがもたない。1080 60p PSで撮ったら30分もたなかった。短時間のTTなら画質上げて撮っても良さそうだ。720 30p STDの画質なら2時間程は撮影出来るらしい。

 


f:id:jbcf6000-r-s:20200318134535j:image
YouTubeにアップロードされる時間についてだが、使っているのが約4万円のノートパソコンであり(Amazonで購入)性能は高いとは言えない。そもそも自分はパソコンの知識が無い(笑)。白石峠の動画は1GB程だったが、YouTubeにアップロードされるまで1~2時間程かかった。遅すぎぃ!

 


使っている編集ソフトはGarmin VIRB Editだ。ソニーのアクションカムを使っているが、マイクロSDカードをパソコンに取り入れればGarmin VIRB Editで編集する事が可能だ。走行データの反映はガーミンエクスプレスでパソコンに走行データを取り込んで、Garmin VIRB EditのG-Matrixで同期する。

 


とりあえず走行動画は投稿出来たが、画質や風の音等まだまだ改善すべき部分があるので、今後それらを改善していこうと思う。ちなみにゴープロではなくソニーアクションカムにした理由はたった1つだ。

 

 

前方投影面積が少ない!!!(キリッ)

 

 

ノーマルバイクで打倒TTバイク挑戦日記・終幕


f:id:jbcf6000-r-s:20200316100045j:image

このブログを書き始めて2年近く経つが、そろそろこのブログの幕を下ろそうと思う。TTバイクを注文したのでブログ名を変更しようかなって事です。消す訳じゃ無いですよ(笑)。4月半ば頃に届くと思うが、新ブログ名に変更はその後にしようと思う。


とりあえず改めてこのブログの始まりを書いておこうと思う。


今から2年程前にあったタイムトライアルレース『みんなのTTジャパン1st stage』のセミクラシックの部(ノーマルバイクの部)で自分は優勝する事が出来た。その後の2nd stageと3rd stageも2位になり表彰台に立つ事が出来た。


当時、タイムトライアルレースの表彰台常連になっていた訳たが、自分は『つまらない』と思っていた。表彰台に立つ事にはそれほど価値は無いなと思っていた。例え今日勝てても次のレースも勝てる訳では無いから。その日の勝ちはその日限りのものでしかない。嬉しい事には違いは無いが、自分はどこか冷めていた。


冷めた中で沸いてきた感情。

 

「ノーマルバイクでも頑張ればTTバイクに勝てるんじゃね?」

 

次のstageはセミクラシックではなく、クラシックの部にエントリーした。根拠なき自信。ただワクワクしていた。ここが始まりとなった。


今となって言うが、TTバイクを持っている人に対する妬みや嫉妬の感情があった。ノーマルバイクでTTバイクに勝ったらさぞ気持ち良いのだろうなと思っていた。ただこの黒い感情こそが強い向上心になっていたと思っている。


その後、加須こいのぼり杯やみんなのTTジャパンでノーマルバイクでTTバイクに挑んだが勝てなかった。惨敗だった。甘くはなかった。当時の自分はまだ速さの真理を理解出来ていなかった。


散々なレース結果でも、ちゃんと走りは振り返った。何が悪かったのか。どこを修正すれば良いのか。なぜ優勝した人は速かったのか。いろんな視点からありとあらゆる問いかけをした。


負けた結果を振り返るのは気が乗らなかったが、少しずつ結果は良くなっていったので次第に楽しくなっていった。そしてノーマルバイクのポジションや装備等の空気抵抗調査をするようになり、確実な速さが身に付いていった。速さの真理に近づいていった。いつしか妬みや嫉妬の感情は消えて純粋に自分はどこまで速くなれるのかを知りたくなっていった。


そして今、答えは出た。


『ノーマルバイクでTTバイクに勝つ事は、コースや天候等によっては可能である』


まぁ当たり前の答えなんだけどな。機材によっては有利不利があるって事。これを心の底から理解するのに随分と時間がかかった。
 

例えばキツイコーナーのあるコースや平坦区間が無くアップダウンの続くコースであればノーマルバイクの方が有利であると言える。TTバイクだとノーマルバイクみたいにブレーキかけての速度の微調整が出来なかったりする。コーナーで大きく減速してしまうのはタイムトライアルにおいて大きなロスとなる。上りに関しては速度が落ちる為、DHバーを握っての空力削減はあまり意味を成さなくなる。窮屈なポジションだとパワーも出ないし。下りの場合は単純に危険である。DHバーを握った状態ではブレーキ使えないしね。強風の場合もそうである。


大磯クリテリウムのTTやツール・ド・かつらおのコースだったらノーマルバイクにも十分に分があると言える(TTバイクでノーマルバイク並みのコントロールが出来れば話は別だが)。


ただ加須こいのぼり杯みたいなド平坦一直線のコースの場合はどうにもならない。今までの挑戦でどうにもならなかった。この場面こそTTバイクの真骨頂。だから今年の加須こいのぼり杯はTTバイクで走る事にする。


ようやく本来の力を発揮出来る場面が来た。今までやって来た事、その全てを生かせる場面が来た。ノーマルバイクでTTバイクに挑む事は、自らハンデを背負って戦っていたようなもの。ただこの挑戦が無かったら自分は速さについて深く追求する事はなかったと思う。空気抵抗調査なんてやらなかったと思う。ハンデをひっくり返す為にそこまで考えなかったと思う。だから挑んで良かったと思っている。無駄な事は何一つ無かったと心の底からそう思っている。


TTバイクが到着したら、そこを新たな始まりとしよう。


「自分は一体どこまで速くなれるのか?」


理想、願望、探求心。


それらは今も昔も変わらずに、自分の心を燃やしている。

ツール・ド・とちぎ一般部門中止かよぉ……。

今日ツール・ド・とちぎ運営からコロナウイルス感染拡大防止による一般部門中止のメールが届いた。非常に残念だがまぁ仕方ない事だ。他のレースイベントも中止になっているからねぇ。各地の学校も休みになっているみたいだし。


f:id:jbcf6000-r-s:20200306153415j:image
ツール・ド・とちぎは中止になってしまったが、その2日後には大磯クリテリウムのエキスパートクラスに出る予定なので、引き続きプラン通り練習していく事にする。大磯クリテリウムは今の所実施の予定との事だ。大磯クリテリウムでツール・ド・とちぎ一般部門が中止になった鬱憤を晴らすとしよう!